教えるべきことを知ろう

>

あまり強く怒らないこと

優しい言葉で注意しよう

部下はまだ仕事の進め方が分かっていないので、何度か失敗してしまうことが考えられます。
そのたびに怒鳴っている人がいますが、間違った教育法なので控えてください。
正しい教育法は、できるだけ怒鳴らないことです。
静かに注意するだけでも、部下はきちんと聞いてくれます。
その方が、部下の精神面に良い影響を与えるでしょう。

部下と信頼関係を築くことで、これから一緒に仕事を進めることができます。
怒鳴ってばかりの上司は、部下から見て信用できないでしょう。
また仕事がつまらないと感じるので、会社を辞めてしまう可能性があります。
優しく指導することで、信頼関係を築けます。
すると困ったことがあった時、すぐ相談してくれるはずです。

褒める意識を忘れない

部下が良いことをしたら、褒めてください。
褒めると、どんどん積極的に仕事に取り組んでくれるので、教育しやすくなります。
また仕事が楽しくなるでしょうから、モチベーションが高くなるメリットがあります。
上司と部下の関係も良好になるので、褒めるだけで良いことがたくさん訪れます。
今はまだ部下の仕事が少ないと思いますが、これから増えていきます。

たくさんの仕事をスケジュール通りに終わらせることができたら、部下を褒めてください。
また、会議中に良い意見を言うかもしれません。
その時もすぐ褒めましょう。
褒めるタイミングは、たくさん見つかると思います。
わざとらしく褒めても、部下は嬉しくありません。
気持ちを込めてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ