教えるべきことを知ろう

>

安全に仕事を進めよう

機械の操作方法を教えよう

会社に入ったばかりの部下は、機械の使い方を理解していないと思います。
その状態で仕事を任せると、失敗に繋がるのでやめてください。
上司がしっかり使い方を教えることで、製品を綺麗に作れます。
間違った使い方をすれば、ケガをする危険性があると伝えてください。
仕事をスムーズに進めることができる機械でも、危険と隣り合わせだと伝えることで、緊張感を持って仕事に取り組めると思います。

最初は、自分と同じスピードで仕事を終わらせることができないでしょう。
ゆっくりでも良いので、丁寧に作業させてください。
スピードを求めると、作業が雑になってしまいます。
雑に作られた製品を、お客さんに売りだすわけにはいきません。
ゆっくりで良いと伝えましょう。

自分でメンテナンスできるようにする

いつも自分が使っている機械を、自分でメンテナンスする決まりになっている会社があると思います。
それなら部下に、メンテナンスの方法も教えないといけません。
機械は、デリケートなものが多いです。
メンテナンスを少しでも怠ると、すぐに壊れてしまいます。
正しいメンテナンスができるよう。部下に詳しく教えてください。
機械に異変が起こったら、すぐ自分に知らせるよう教育しましょう。

メンテナンスを定期的にしていても、壊れることが考えられます
部下が1人で何とかしようと思っても、対応できないケースが多いです。
早く上司である自分に相談することで、被害を最小限に抑えることができます。
部下と、普段からコミュニケーションを取ってください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ