教えるべきことを知ろう

>

自分が教育法を知る必要がある

お客さんに与える情報

どんな情報を伝えることで、お客さんは商品に興味を持ってくれるのでしょうか。
興味を惹くことができなければ、営業が失敗します。
部下を教育する際は、最初に教えてください。
まず商品の、特徴を伝えましょう。
どんなメリットがあるのか、また使い方をすれば良いのか知ると、お客さんは購入したくなるはずです。
人とコミュニケーションを取ることが苦手な部下でも、伝えるべき情報を知ると上手く話せるようになります。

少しずつで良いので、コミュニケーション能力を伸ばさなければいけません。
商品の価格も、重要な情報です。
非常に便利な商品でも、価格が高すぎる場合は買いたいとは思いません。
価格を隠すような態度は、悪印象を与えるので注意させましょう。

身だしなみも重要

営業職は、お客さんと直接会ってコミュニケーションを取る仕事です。
身だしなみにも注意しないと、お客さんに悪印象を与えます。
部下を教育する際は、清潔な恰好をすることを伝えてください。
シワだらけの服や、シミがついている服はいけません。
また髪形も、意識しなければいけない部分だと教育しましょう。
男性は、短く切ってください。

女性は、長い場合はまとめるのがおすすめです。
お客さんから、爪を見られることがあるのでいつでも短くしておきましょう。
爪が長いと、不潔というイメージを持たれてしまいます。
部下の身だしなみに問題があると、会社全体のイメージは悪くなると伝えましょう。
身だしなみは、非常に重要な部分だと理解させてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ