部下を育てるために行いたい教育法

教えるべきことを知ろう

おすすめリンク

英文校正の手順と方法

英文校正が苦手・・・そんな方は英文校正のプロに依頼するのがおすすめです!費用も紹介。

仕事を進める際のコツを教える

自分の仕事を見て、理解しろと言ってもいけません。
部下は絶対に理解できませんし、何が分からないのかも自分で分かりません。
それでは仕事を覚えてもらうのに、長い時間が掛かります。
自分から、積極的に仕事の進め方を教えてください。
営業職の人は、お客さんとコミュニケーションを取るコツを教えましょう。
商品の詳しい説明をすることで、お客さんは興味を持ってくれます。
お客さんが求めている情報は何なのか、いち早く理解することが大事です。

機械を使って、製品を作る仕事をしている人がいると思います。
その際は、安全に仕事を進めてもらわなければいけません。
器械の正しい使い方や、安全面を守るためにどうすれば良いのか教育してください。
間違った機械の使いかたをすると、上手く製品を作れないだけではありません。
自分や、周囲で作業している人が傷つく恐れがあります。
他人を巻き込んだ事故は、一番いけない事故です。

またなるべく怒鳴らないことや、部下を褒めることを忘れないでください。
怒鳴られると、次第に仕事が嫌になってしまいます。
すぐ怒鳴るような上司と、一緒に仕事をしたいとは思わないでしょう。
部下のモチベーションを高めることも、教育法の1つです。
積極的に褒めることで、部下は仕事をどんどん好きになっていくと思います。
注意するべき部分はきちんと注意して、良いことをしていたら褒めましょう。
部下と信頼関係を築くことで、教育が上手くいきます。

自分が教育法を知る必要がある

営業の場合は、お客さんとのコミュニケーションが最も大事です。 部下は、コミュニケーションの取り方を理解できていないかもしれません。 人見知りをする人でも、教育すれば改善できます。 お客さんと何を話せば良いのかなど、コミュニケーションを取るコツを伝えましょう。

安全に仕事を進めよう

製品を、製造する仕事をしている人がいると思います。 部下の教育をする際は、まず機械の使い方を教えないといけません。 最近は機械化が進んでいるので、仕事の負担が減っています。 ですが正しく機械を操作しないと、上手く製品を作ることはできないでしょう。

あまり強く怒らないこと

感情に任せて怒鳴ると、部下は自分を信頼してくれなくなります。 激しく怒ることは、極力控えてください。 間違っている部分があったら、優しく指摘しましょう。 また正しい仕事ができていれば、すかさず褒めてください。 褒めることで、部下がどんどん成長できます。